妊婦帯

妊婦帯って何?

妊婦が妊娠五ヶ月目にあたる戌(いぬ)の日の安産を祈願する儀式以降に巻く腰帯の総称です。

なお、この儀式では家族や親兄弟が集まり、腹帯をした妊婦と共に安産祈願の神社に出向き、安産を祈るのが一般的な形です。

妊婦帯はなぜ必要なの?

妊婦帯は妊娠期の大きくなった腹部を持ち上げ、妊娠中の無理な姿勢を矯正し整えることにより、背中の緊張を取り除いてくれます。

大きく重い子宮を下から支えることで姿勢のバランスの変化による腰痛や妊娠線(腹部の皮膚や筋肉が過度に伸ばされること)を防ぎます。

また、腹部の表面積が大きくなり放熱量が多くなっているため、冷えによる早・流産を招かないための保温効果もあります。

なぜ五ヶ月目の戌の日なの?

妊娠五ヶ月頃には胎盤が完成して安定期に入り、お腹もおおきくなってきます。この時期から下腹部を支えて腰痛対策をしたり、支えることで妊娠線を防いだり、保温するなど、お腹の赤ちゃんを気遣うことが大切です。

また、犬は子供をたくさん産みますがお産がとても軽いことから、それにあやかって五ヶ月目の戌の日に腹帯をまいて安産を願います。

「腹帯」と「妊婦帯」どう違うの?

昔、帯祝いには紅白の絹帯地が用いられました。それが一般化し実用的なさらしの帯に変わりました。これが、いわゆる「腹帯」です。それをもっと使いやすくできないだろうかと考えられたものが、「妊婦帯」です。

マタニティ 犬印妊婦帯 帯祝いセット
マタニティ 犬印妊婦帯 帯祝いセット
定価¥6,000(税別)

岩田タイプの「たんじょう」とコルセットタイプの「しあわせ」がセットとなっています。そして紅晒を鶴の形に折って寿を表しています。帯祝品として最適なお品です。

  • 岩田帯(さらし)タイプ
岩田帯タイプ
晒(さらし)部分は、吸水性の良い綿100%無蛍光晒なので、お肌にやさしくなっています。巻き終わりは伸縮素材で、差し込み部分が三角カットになっています。どんな体型の方にもフィットするフリーサイズが一番の魅力です。
  • コルセットタイプ
コルセットタイプ
妊娠初期や家で過ごす時は楽なコルセットタイプがオススメです。脱着が簡単で、適度なサポート感があります。
  • 「岩田タイプ」吸汗性の良い晒なので、妊娠中のデリケートなお肌にも安心。個人差のあるおなかのかたちにも無理なく合せて巻けます。
  • コルセットタイプは就寝時や、家の中で過ごす時に適しています。付け外しが簡単で回数が増えるトイレ時にも便利です。

きものの紹介

お宮詣り

七五三

振袖

フォーマル

街着

喪服

単(ひとえ)のきもの

夏のきもの

ゆかた

男のきもの

悉皆(お直し)

和小物

和雑貨

Blog

暮らしとお花